スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近話題のボードゲームカタログ

P2011_0920_202414.jpg

今日はお金が入ったので、すごろくやさんが最近出したボードゲームカタログを買いに行く。shzwtk

ほうほう、これはカラー写真がいっぱい。というより必ずひとつのゲームにつき、カラー写真が一枚入っている。

これは本当にカタログのような本である。他の業務用の資材のカタログのミニばんといったところだ。ゲームについての解説はあまり長くないが、ゲームのルールよりも魅力を書いた文章で面白い。

またマナーや定例会、用語などについて書いたコラムなどもおもしろい。

しかし本書のなんといってもすごいのが索引とジャンル分け、ジャンル分けは、コンポーネント、駆け引き、大人数な

どがある。ここにコンポーネントと入れたのはさすがと思った。ボードゲームの人気の一つにコマや、ボード、仕掛け

(ギミック)が醸し出す雰囲気というのがある。そういう面白さというのは、本ではあまり解説しない、あるいは取り

上げないと思う。(ジャンル分け単位では)


索引はタイトル別、対象年齢別、ルール難度別、所要時間別、子どもと遊ぶときにはどれがいいのか、また忙しい大人

の方々が平日の夜の僅かな時間に楽しむにはどれがいいのか。などの答えを調べることができる。現状一番求めている

ものにあったゲームを提示してくれるのではないかと思う。

とちょっと真面目に語ってみた。

あ、あと最後のページ付近にはドイツゲーム賞の年表もまとめられている。

まあ、でも自分的に笑ったのは同じスモール出版さんから出ている、「みかんの面白いむき方大百科」という本の宣伝ビラが半程に入っていたことである(笑)。

な、なんだ・・・これは。
P2011_0922_012243.jpg


この本は兄妹で以前「なかなかの奇書だよね、欲しー」といいながら一緒に、立ち読みしていた本なので運命を感じた。
というか本の中で結構しょぼい作品が宣伝用のビラに・・・もっと皮で作っった動物とかの出来は見たときにすごかったのに・・・もったいない・・・何を言ってるんだ、自分は。

P2011_0920_202428.jpg

お次は、全く関係ないが、購入しました。

なんだろう、ボードゲーマーに多く起きる逆流現象だと思うけど、一周回って、トランプってすごい。

以上です。

なかのないようは、とにかくいろんなトランプゲームが載っています。

子供と遊べる優しいゲームや、二人で遊べる、一人で遊べる、グループで、また現代の子は意外と知らない3大トラン

プゲーム(ブリッジ、ポーカー、ラミー)など盛り沢山です。

そしてなんと、今回おねだんは、730円税別。大変お買い得だと思います。


ほかにゲーム関連の本を独断と偏見で紹介。


「ドイツゲームでしょう!」は読み物としておすすめ、ゲーム賞の歴史や流れ、またみなさんの大好きなデザイナー3Kについてのお話など私は一気に読みました。こちらはひとつのゲームについての解説が長いのが特徴です。

次に「ボードゲーム・ストリート2011」まさにボードゲーム会と界で今何が起こっているか、起ころうとしているか、
近年の動きについて詳しいです。リプレイもわかりやすく光景が眼に浮かぶようです。

「アメイジングテーブルゲームス」は、一ページが広くゲームの写真が大きく贅沢にゲームを紹介する構成になっています。ゲームの紹介量は少ないです。また全体的に一般ユーザー向きのパーティーゲームが多いです。
付録には小さい「ワードバスケット」がついてきます。
角丸くんで角丸して、他のゲームの空きスペースに入れて持ち歩けるので重宝してます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

blush : shzwtk

Author:blush : shzwtk
ようこそ KFC:KENTAIKI FUN CLUBへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。