スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mob会に参加

書いてる人:blush

Mob会というゲーム会に行ってみた。

実はblush、ゲーム会なるものに参加するのは初めてなんですよね。
まあテーブルゲーム作ろうとしてるくせに考えてみればまだ初めて1年ちょっとなんですよ。
経験浅い、浅い。
というわけで、shzwtkに経験積んでこいと送り出されたわけです。

クリスマスなのに暇人してたのもありますが。


で、用事で大阪に出てた大学の友人を一人連れて行ってみました。

朝3時に起きてずっとゲーム用イラスト描いてたので眠い眠い。
知ってるゲームは何とかついていけましたが、
知らないゲームはインストの最中は眠気との戦いでした。


自分でやってみたいとか提案しといて、タケノコ覚えるのつらかった。
インストしてくれた人、申し訳ない。めっちゃ欠伸した。

これがタケノコ。

P1020231.jpg

水路引いたりするあたりカタンっぽいけど場を大きく出来るし、何より全員で共有してるから
私は他人を効率よく働かせるゲームだと(プレイし終わったあとで)感じた。

説明されながら1回しかやってないから面白さの真髄はまだわかんない。
見た目はけっこう好き。ニョキニョキなところが。



P1020229.jpg


謎のゲーム。ソロ。
まあぶっちゃけウノですよ。わかりにくいUNO。
ルールも仔細違いますが、基本同じ。

ただ、決定的な違いは
 「手札丸ごと交換」
 という強力すぎるカードが異常な頻度ででてくること。

P1020230.jpg

少し考えてみればわかるけど、手札が1枚状態の人が出てきたらそっくり交換すればすぐ終わるのですよ。
まあ交換し返したりでそう簡単に終わらないのですが。何せたくさん入ってるので。

しかし、強力すぎてゲームバランスを壊しているように感じました。



P1020233.jpg


ピクショナリー。
今回私が一番面白かったのがコレ。

お題を聞いて、チームの面々に当てさせるというのが基本。
これ、絵心がある方が有利かと思いきや、制限時間1分で答えなきゃいけないので走り書きになるから
あまり関係ないようです。
クロッキーしっかりできるひとは無双になるんじゃないかな? 迷い線のない感じの人。

迷い線多い、描くの遅いblushはできませんね。
基礎なってないし。

どちらかというとこのゲーム。理解力の方が大事なようで。
ツレがバシバシ描いてる途中であててしまうので相手チームの私は立つ瀬なかったですよ。


P1020236.jpg


shzwtkがよく持ってくるけどやったことなかった「お邪魔者2」

それにしてもプレイ人数多すぎ。3ターンもしたら山札がなくなってましたよ。
本来はもっと手札を入れ替えるゲームなんでしょうが、手札を少なくやりくりする感じになってました。

人多すぎで味方も敵も連携取れなくて地獄絵図のようで楽しかったです。





そんなこんなで6時間ほどで初のゲーム会を楽しませてもらいました。
みんな親切でした。
口当たりがマイルド。



その後、難波に用事があったので地図で西に進む。
blushが方向音痴っぷりを発揮していつの間にか北に進んでましたがね。

そして帰りに温泉へ。
温泉行くのはblushの趣味みたいなもんです。

前もこんな感じで温泉に連行したような。


P1020244.jpg

アニメイトでテルマエロマエ買ったらスポンジが付いてきたので使ってみた。
私にはやわらかすぎて好みじゃありませんでした。
そして恥ずかしいぞ。

キャプテン・リノ

P1020809.jpg

回はキャプテン・リノ

カードを使ったバランスゲーム。

リノくんというサイのヒーローがビルを建設していくっていう。

続きを読む

ダンジョンレイダース

今回は最近話題のダンジョンレイダースのレビュー。


このゲーム、最初に感想を言うと、面白い。すごく面白い。よく出来てる。私shzwtkがもってるのにblushもほしがる

パターン。


P1020798.jpg



箱はこんなの。非常に味のある絵である。個人的にナイトが好き。

何をするゲームかというと5枚1階層のダンジョンを5階層冒険して、金貨を集めるゲーム。




P1020799.jpg



モンスターカードや罠カードがいっぱい。アイテム補充カードもある。宝箱カードは金貨のチャンス。



P1020802.jpg



基本的にプレーヤーは1~5のパワーカードを一階層でプレーする。強いカードを切った人が金貨を得られたりする。

次のダンジョンに行くときは回収。順番に出していくので人の様子を見て低いカードを切るのが基本的な考え方。



P1020801.jpg



アイテムカードはこんなん。水晶は最後にカードを出せる。松明は裏向きのダンジョンを自分一人だけ全て見れる。

剣はモンスターと戦うときに5の代わりになる。鍵は宝箱の時に5の代わり。



P1020800.jpg



こいつが一番曲者。モンスターカードは協力して合計がカードの下の数値を

超えるようにパワーカードを出すと倒せるのだが、倒せない場合、一番低いカードを切った人がダメージを受ける。

スネークは合計の数字は低いがなんと3ダメージ、・・・痛い。終盤にこいつが出るとキツイ。



P2011_1126_183639 (1)



プレイの様子:携帯だったので後日また遊んだら上げなおすかも。ダンジョンには先が分かる場合とわからない裏

向きの状態で構成されている。

メーカーは「ADVENTURELAND GAMES」聞いたことがない、しかしこれほどのゲームを出すとは期待の星だな。

作者は「考古学カードゲーム」と同じ人らしい。

重いゲームは好きかい?重げ会第4回

本日は立川で不定期開催される重げ会なるものに言って参りました。

市村さん(古くからの友人)が前々からすごろくやに行きたいと言っていたので、その帰りに立ち寄らせて頂きました。

なので途中参加です。



はてさてこのゲーム会の説明を軽くしたいと思います。(おい、何様だよ。なんか間違いがあったらすみません。)

普段はなかなかやれないちょっと重めのゲームやろうぜ!!ってコンセプトのオープンなゲーム会です。

(でも軽いゲームも割とまわっていたりします)

主催は、たる田さんとしのぽさん、二人共ルールの説明がうまいっ!!そしてすごく優しい。

本当に毎回面白いゲームを紹介していただきありがとうございます。


まずは大噴火をプレイ。中央火山から溶岩が流れてきます。プレイヤーはその溶岩につながるように引いたタイルを一枚配置し

ていきます。そして他の人のむらを焼くことが目標。これから毎日むらを焼こうぜ!!(笑)

最初はこんなん、おお、流れ始めたよ、地球のパッションが

P1020791.jpg

このゲーム防壁で溶岩を止めることも出来ます。

防壁の素材はわら(まさに笑)、木(燃えそうだな、おい)、石(安心だ)。防壁の強さもまさにそんな感じ。

サイコロでの判定があり時々破られます。

そして早くも自分のむらがああああああああ。

どんどん温度が上昇していきます。一応プラス300度で負け。

ちなみに手前がshzwtk。向かって左が市村さん。そして右が…お名前忘れてしまった。すごく人のよさそうな方。

すいません、今度修正します。仮に兄貴と呼ばさせてもらいますぜ。

P1020792.jpg

中盤こんな感じ、でもこのゲーム温度が上がると防壁を1ターンにもう一個置けるようになったり、アクションカード

を引けるようになったりするんです。意外と先に炎上するのもあり(笑)。

P1020793.jpg

最後はみんなかつかつ、だけど、防壁大量設置で凌ぐshzwtk。

一手差で燃える市村。そしてかなり余裕のある兄貴。


危なかった、最後は文字通り藁にもすがる思いで勝利しました。


お次はゾンビリーバーボー。

警官(一人)とほかゾンビになり警察署に攻め込むゲーム。

このゲームすごくカードがいい。警官はハリウッド俳優のパロディがたくさん。

ええと一つ上げると、エディ・マカフィーだったかな?

偶然かもしれないが一文字追加した結果、ウイルスソフトみたいな名前になってる。説明もすごく面白い。

あともう一つ、このゲームを盛り上げてくれる最大の要素が一つ

「アー、アーアー」しかプレイ中ゾンビ役は言えません。
うん、これはいい。すごくいい。


P1020794.jpg

ゾンビは移動するか、増えるかのどちらか。道路にはいろんなアイテムがあり、それを警官側が取ると有利に。でもゾ

ンビがいるから道路に入るのはリスキーだ。

とにかくアーアーうるさい!と周りの人からは言われるが、このノリは一回味わってみると病みつきになりそう。

P1020795.jpg

お次はウボンゴ3D、サイコロを振り、問題ボードの出ための番号の指定されたブロックを使って、枠組に合わせてに立体を作る

パズルゲーム。できたら「ウボンゴ!!」っていってドヤァするのが醍醐味。

早く作るとポイントが入る。うーんなかなかできない。

砂時計がついており、制限時間がある。焦る焦る。できそうでできない。

これ、おもしろい。なかなかできないけど。

お次はケベック

カナダ?400年の歴史だね。建築ゲーム。

誰の建築に乗っかるかがポイント。そして建築してもらうのがポイント。この人のここの建築に貢献するとこういう追

加アクションが出来て・・・というゲーム。逆にいうと自分の建築家がいるところは、こういうことができるから来て

ね。といって人に労働者を置いてもらうことも重要。


面白い、考えどころがいっぱいある。何回かやりたいゲーム。再戦希望。

P1020796.jpg

建築以外にも得点方法が幾つかある。

実は四隅のエリアにその色の建築に貢献すると自分のキューブ(配置した労働者が移動する)それも得点になる。そし

てその過半数が得点集計の時に次のエリアに移動しまた得点される。おいしい。面白い得点計算方法。数で優先を得た

いね。

P1020797.jpg

丸いタイルを配置したデザインも面白く美しく感じた。満足、もう一回やりたい!!。オレンジの人が勝ちました。


締めはゲシェンク2回。写真撮り忘れたので説明は簡略に。

3~35までの数字(全てマイナスです)があり、みんなでそれを押し付けあう。

札を受け取る場合は受け取り、押し付けるときは最初に11枚もらうチップ(プラス一点)を一枚払って隣の人にチッ

プを払うかどうかまた選択させる。チップが溜まっていてこれならいいかなと思ったら、カードと一緒に受け取る。

連続した数字があると、低い方の数字だけがマイナス得点になる。なので数字がつながるとかなりお得。逆に空いての

数を分断させることもありです。(最初に9枚カードを抜くので結構分断されてます。どの数字が抜けてんだろ?とい

う考えも重要)

ゲームは英断が多かったが、善戦するも勝てず。

うん、やっぱり名作だ、これは。

ちなみにしのぽさんに教えていただいた豆知識、「ゲシェンク」はドイツ語で「贈り物」という意味だそうです。おお。



そんなこんなのゲーム漬けでした。他にもテレストレーションなど大いに盛り上がっていました。


初心者の皆様もお暇だったら是非参加してみてはいかがでしょうか。(だから何様だよ!・・・すいません)


きになる重げ会の詳細はこちらhttp://omogekai.com/

そうだ!薔薇戦争しよーぜ

かいているひと:shzwtk

なんかレビューも時々書こうかなーと

僕らは時々スカイプで謎の試みをするのですが、てか謎の試みとは、ボドゲのことなんですが・・・その栄えある

スカイプボドゲプレイ第一回がこのローゼンケーニッヒだったわけですよ。

その当時のことを少しかいてみようと思います(ゲームと全く関係ねえ・・・)

突然深夜テンションで頭のおかしくなったshzwtkはいった。「そうだ薔薇戦争しようぜ。」(ローゼンケーニッヒは中世の薔薇戦争がモデルの二人用ゲーム)

blush「いいよ。」←なにか知らんのに・・・それともタマとろうとしていたのか、こいつは相方としては腹心が恐ろしい。

以後(ボドゲレビューだけに囲碁・・・うまいね「棒声」)は置いといてshzwtkをs、blushをbと表記します。s&b(スパイスアンドハーブですね)

とまあ、その日はウェブカメラがなかったのでやらなかったわけです。で、夜明けと共に、開店したドンキに直行客はもちろんsだけ・・・勢いでウェブカメを購入してその日の夜は・・・スカイプにbがログインしなかったためできず、3日越しでやっとプレイにこぎ着けたわけです。

でS「バラ戦争しようぜ
B「やだ。」←どういう事だよ・・・
S「あの、ボードゲームなんだけど・・・」
B「いいよ」

でスカイプ利用するとどうゆうプレイ風景かというとSはBの手番まで一人でカメラの前Bの支持に従いコマを動かしてやったわけです。(↓イメージ図)

testyokonaga




もどって、このゲームは基本的に順番にカードを使って王様を動かしその動いた先に自分の駒を置く陣取りゲーム。


自分の陣地のコマ数の二乗が得点、自分の陣地はコマを縦と横で並べてつなげることによって拡大する。とここま

で説明して気づいたのが、

Bは囲碁経験者でこういうの自分(S)より得意じゃねえかということ

そんな懸念はさておき、カードの補助があってかなかなかいい勝負に成りました。←実力差があっても楽しめるゲームだね。

すごく面白く感じ一気に5戦ほどしました。

結果

1回目   Sの勝利
2回目   なんと引き分け
3~5回目 Bの勝利
6回目   Sの勝利


で、最後には二人でこのゲームは良く出来ているなあ、と賞賛したわけですよ。


P2011_0722_045023.jpg

↑現行の缶入り版でプレイ、新品だったので缶を開けると甘い香りが、ああ幸せ・・・

P2011_0722_045216.jpg

↑後日撮ったプレイしているような写真・・・おいおい

なんというか余談だけど、5戦したところで高校時代世界史をやっていたBが「えっこれ薔薇戦争舞台だったの!!」といったのは笑った。めっちゃヨークシャとかランカスターとか言ってるよ・・・ねえ。

というかそもそも、誘ってる時なんか言ってるだろう・・・人の話聞いてないで、こいつ返事しているなとSは痛感したのであった。
プロフィール

blush : shzwtk

Author:blush : shzwtk
ようこそ KFC:KENTAIKI FUN CLUBへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。